Loading...

海外製こどものおもちゃ - vol.3



こんにちは。

日本は先週末3連休だったんですね。同僚の日本人に言われるまで知りませんでした。実は意外と連休が多いんですよね、日本って。私の住む国はほとんど祝日がないのでうらやましいです。

では今日もおもちゃ探しの時間を始めましょう。お時間がある方はお付き合いお願いします。

今日ご紹介するのは、Britains(ブリテンズ)です。

ここは今までにご紹介した2つのおもちゃ会社とは違い、イギリスが発祥です。しかもここは農場用重機、トラクターのおもちゃが専門の会社です。ただ、トラクターといっても欧米で使用されているものは日本の何倍もの大きさがあり、工事現場で見かける重機にも引けを取りません。

また農場でも工事現場と似たような重機が使用されているようです。バックホーはその定番で、ほかにもフロントエンドローダーなどもメジャーな重機のようです。ちなみにバックホーはショベルカーと並ぶ我が子の現在の一番のお気に入りです。

こういう背景のせいだと思うのですが、Britains(ブリテンズ)はトラクター専門の会社ですが、工事現場でも使われる重機のおもちゃを何種類か出しています。

前回までの記事でBruder(ブルーダー)、Siku(シク)、ともにしっかりとしたおもちゃを作る会社だとご紹介しました。この2つは間違いなくいいおもちゃブランドですが、このBritains(ブリテンズ)も見過ごせません。いいディテール、質感、サイズ、思わず手にとって見入ってしまします。

ちなみにBritains(ブリテンズ)が作っている重機の会社はあのCAT(キャタピラー)ではなくJCBという会社なんですね。JCBという会社、ここもイギリスが発祥なのですが今は世界中にマーケットを展開しています。もしかすると日本でも見かけることがあるかもしれませんね。

そして、イギリスといえばあのDiggerland(ディガーランド)。そうなんですね、ディガーランドで使われている重機のほとんどがJCBのものなんです。

残念ながらBritains(ブリテンズ)は動画などをアップはしていないようなので、興味をもしお持ちになった方がいたらGoogleなどで調べてもらえるとすぐに見つかると思います。Amazonでも手に入るようなので日本での購入も簡単だと思います。

どんどんおもちゃリストが増えていきますね。このままだと子供の誕生日には間に合わない可能性が、、、。だめですね親のコレクター癖が出てきてしまうと決まるものも決まらなくなります。


海外製おもちゃシリーズの記事はこちら、
海外製こどものおもちゃ - vol.1
海外製こどものおもちゃ - vol.2






スポンサーリンク

コンテンツ 8562974302257601112

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item