Loading...

こどもの想像力を伸ばそう

こんにちは、

日本ではお盆休みも残すところあと数日となり、そろそろUターンラッシュが始まったのではないでしょうか。私たち一家が住むイギリスにはそういう習慣はありません。休みたいときに休む、それがこの国の流儀です。

ところで、先日我が子が遊んでいるところを見ていたら、ふと思い出したことがあります。それは小学生のころやった夏休みの自由研究です。

私の子供はまだまだそんな年齢ではないですが、子供がいろんなものを不思議そうに見たり、好奇心に駆られて触ってみたりしている姿を見て、あの夏休みの課題ってじつはいい宿題だったんだなあと思いだしたんですね。

小学生のころはあまり乗り気ではなかったですが、今になって理解できるようになりました。あの課題は子供の可能性を伸ばすのにはうってつけだったんだと思います。自分で何かを見つけ出し、試行錯誤を経て新しいものを生み出す、この作業を繰り返すことで子供は伸ばされるんじゃないでしょうか。

ではこのプロセスに親はどうやって参加したらいいのでしょうか。いろいろ考えましたが、やはり親は舞台を用意してやることがメインの仕事なのではないかと。ただそれも無理矢理になってもいけないんだろうなあと思ったり、、、。

そんなことを考えつつネットでいろいろ調べていたら面白そうなものを発見しました。

ヒュー・アニメーション・スタジオ(HUE animation studio)というところが作った製品なのですが、ストップモーションのムービーを手軽に作ることができるというキットなんですね。ストップモーション、そうです昔よく見かけた粘土のアニメーションとか、最近ではちょっと凝ったアーティストのプロモーションビデオで使われていたりというあれです。



© 2014 Hue Animation Studio - Complete Stop Motion Animation Kit with Software













ヒュー・アニメーション・スタジオ(HUE animation studio)が作る、ストップモーションを気軽に作成するキットはこちらです。


このキットは海外発なので残念ながら説明書もソフトもすべて英語です。ただ使い方の動画を見る限りではそんな難しくはないので使いこなせるのではないかと思います。ちなみに日本でもAmazonから購入することはできるようです。

ヒュー・アニメーション・スタジオ(HUE animation studio)は海外発ですが、日本でも同じようなソフトがあります。クレイタウン(Claytown)というソフトで、クレイアニメ界の第一人者である伊藤有壱(いとうゆういち)さんという方が監修をしたらしいです。



Copyright (C) CELSYS,Inc.













日本版、ストップモーションを自作するソフトはこちらです。


ストップモーションのムービーを自分で作れたりしたら面白いと思いませんか??私の子供は年齢的にまだまだ使いえませんが、もう少し大きくなったらそういったクリエイティブな作業も一緒にやってみたいですね。

ただやはり親が張り切りすぎてはいけない、ということだけは常に頭の片隅に置いています。子供の可能性を伸ばしてあげたい、想像力を育ててあげたい、という思いが強すぎて重荷になってはいけないなあとおもったり、、、。

さていったい我が子はどんな大人になるのやら。


スポンサーリンク

遊び 2955438368732818015

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item