Loading...

海外製ベビーカーの上手な選び方

ここ数年でベビーカーを取り巻く環境も大きく変化したように思います。少し前までならベビーカーを購入するとなれば、日本国内であればアップリカとコンビという2強のブランドから商品を選んでいたのが主流だったのではないでしょうか。


最近では海外製のベビーカーもずいぶん購入しやすくなりました。選択肢が増えた分、どのベビーカーが一番自分に合っているのか迷う量も増えたと思います。また海外では当たり前のデザインや機能も日本人にはあまりなじみが無かったりします。






直接手にとって確かめたいけれど海外製なのでなかなかそういう機会がないという人も多いはずです。そこで、今回は海外のベビーカーのことをもっとよく知り、自分の赤ちゃんにとって最適な1台を選ぶ方法を考えてみましょう。




1 海外製ベビーカーの種類を知ろう



一言でベビーカーといっても、文化が全く違う国で作られたものだと日本でスタンダードになっているものとはずいぶん仕様が異なります。海外のベビーカーには大まかに分けて次のような種類が存在します。


・バギー(Buggy)、ストローラー(Stroller)
・トラベルシステム(Travel system)


海外製ベビーカーの種類


上の写真右のタイプはバギー、ストローラーと呼ばれているもので、日本人にもなじみのあるデザインをしています。赤ちゃんがシートに座るタイプのいわゆるベビーカーといったところでしょう。一言でいうと軽量折り畳み式ベビーカー、といったところでしょうか。

特徴としては座面は固定されていて、折り畳みがしやすいようにハンドルは分かれているタイプが主流です。また軽量でとてもコンパクトに折りたたむことができます。

海外ではこのタイプのベビーカーは、子供が少し成長してから2台目として使う家庭が多いようです。もちろん小さな赤ちゃんのころからも使えるよう設計されている製品も多いですが、1台目は次に紹介するトラベルシステムのタイプを使う家庭がほとんどです。

上の写真の左側がトラベルシステムと呼ばれているもので、海外でベビーカーというとこのタイプのものを指すことがほとんどです。システムという名の通りフレームと座面が独立しており、アタッチメントを変えることで赤ちゃんの成長に合わせて座面を変えることができる多機能ベビーカーです。

座面の種類には、下の写真左から、新生児用カーシート、キャリーコット、シートの3種類があります。


プラム、プッシュチェアの座面の種類

ちなみに日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、キャリーコットとは新生児が寝ころんだ状態でベビーカーに乗れるようにデザインされたもので、海外では赤ちゃんが産まれてから数か月はこのキャリーコットを利用します。

新生児用カーシートは色々な会社のものが取り付けれるようにアタッチメントが設計されていてとても便利です。そのため病院に行くときなどはこれをコット代わりにすることで、赤ちゃんをベビーカーから出したりせずにスムーズに移動させることができます。

トラベルシステムはとにかく機能が豊富でフレームもしっかりしているため操作性も高く、また耐久性にも優れています。座面だけではなくフレームに取り付けて使うパラソルやカップホルダーなど、そのほかにも色々な便利な商品を使うことができるのもトラベルシステムの特徴の一つでしょう。


2 自分達のライフスタイルを知ろう

ベビーカーを選ぶとき製品の安全性や機能性を調べることはとても重要です。それと同じくらい重要なのが自分のライフスタイルを知ることです。どんな家に住み、どんな生活パターンをしているのか、また車が使えるのかなどなど、頭に入れておくべきいくつかの項目があります。

例えば公共交通で移動することが多いなら、軽量で折り畳みが簡単なタイプのベビーカーを選ぶべきでしょう。公園を散歩することが多いなら、操作性のいい大きな車輪としっかりしたフレームのタイプを。もしエクササイズが好きなら、赤ちゃんと走ることのできるジョギング用ベビーカーもあります。


3 自分たちの家族構成を知ろう

子供の人数、そして家族計画によっても選ぶベビーカーのタイプは変わってきます。

トラベルシステムタイプのベビーカーにはシートやキャリーコットを2段にできる機能を変えね備えたものも多くあります。双子の子供や年の近い兄弟を持つことになればこのタイプがとても便利です。下の写真は組み合わせの例ですが、子供の年齢差に合わせて様々な配置をすることができます。

また2人乗りベビーカーも各社から発表されています。子供2人が並んでシートに座るタイプ、そして前と後ろに分かれて座るタイプがあります。







スポンサーリンク

育児グッズ 8746589382343081066

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item