Loading...

独創性を育てるユニークな子供用のテーブル


子供のころ絵を描くのが好きだった方は多いのではないでしょうか。上手い下手は関係なく、単純に色を塗っているだけだったり、何の意味もない形や線を描いているだけでも楽しいものです。

小さな子供でもクレヨンや色鉛筆を与えれば自分の好きなように自由に筆を走らせます。きっと自分の感覚が線や形となって表れるのが楽しいのだと思います。絵をかくというのは本能的なものなのではないでしょうか。

そして絵をかくということは、つまり右脳、左脳、脳全体をを刺激することにもつながります。ご存知の通り論理的な事柄を司る機能を主とする左脳に対して、右脳は感性そして感覚を司る機能です。形により左脳を、色により右脳を刺激するといったところでしょうか。

しかしこの子供の脳の発育に効果的なお絵かき、大人の尺度で絵の舞下手を押し付けるのではなく、子供の自由な発想のままに描いてほしいものです。子供部屋の壁に好きな時に好きなだけ落書きしてもいい、そうなればとことんまで豊かな発想が育ちそうですが、そうはいきませんよね。

今回はそんな時重宝しそうな机をご紹介します。絵をかくのが大好きな子供、そして親も一緒になって子供とお絵かきを楽しめるようなそんなたのしいユニークな子供用のテーブルです。



独創性を育てる子供用のデザイナーズテーブル
Copyright Tian Tang Design

- Tian Tang Design: Come and Draw Table

Tian Tang は中国出身のデザイナーです。もともと工業デザイナーとして中国で活躍していた彼女ですが、2009年に活動の場を北欧はスウェーデンに移して以降、子供のための作品を日々デザインしています



Copyright Tian Tang Design

そんな彼女がデザインした Come and Draw Table は天板に丸い形の様々な色の画用紙がいくつも重ねられています。子供たちが好きな時に自由に絵を書くことができます。そしてこのテーブルはキャンバスという機能のみならず描いた絵をストックしておける場所にもなります。お絵かきが大好きな子供にはとてもうれしい机なのではないでしょうか。


Copyright Tian Tang Design

- Miguel Mestre: My Desk

ポルトガルのリスボンにあるデザインスタジオが手掛けるその名も、My Desk。この机は子供用にデザインされたわけではないですが、Come and Draw Table と同じく大きな重ねられた紙がそのままテーブルの天板になるというコンセプト。思いついたアイデアはそのまま机の上でスケッチになり、自由な発想が広がります。また大きな紙はお絵かき好きの親子が一緒に楽しむには十分なサイズ。



Copyright Miguel Mestre

スポンサーリンク

コンテンツ 5874962422388760295

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item