Loading...

天板に自分の好きな素材を使うことのできるデザイナーテーブル


子供のために家具を選ぶとき、長く使うことを考えて少し大きめのサイズを選択したりするという方も多いと思います。この場合どうしても初めのうちは子供の体に合わないという状況ができてしまいます。子供の成長を考えるとできれば避けたいものですが、毎年家具を購入するわけにもいきません。


今回は自分のライフスタイルに合わせて自由に変化させることのできる、ミッドセンチュリーを思わせるデザインをしたテーブルをご紹介します。


天板を自由に変えて作るデザイナーズテーブル
copyright Floyd Design

- The Floyd Leg

ヨーロッパやアメリカの国々では引っ越しというのが非常に盛んにおこなわれています。これは欧米では転職をすることがキャリアアップにつながるため、ほとんどの人が3年もすれば新天地へと移っていくことが当たり前のせいだと思います。またその考え方は自分の居住スペースについても、常により良いものを求めて移り住むという事につながっています。

copyright Floyd Design

The Floyd Leg のデザインはそんな引っ越しが盛んな文化を背景に生み出されました。このスタジオを立ち上げたデザイナーは数年前まで頻繁に住むところを変えていました。しかしそのたびにある悩みを抱えていました。それは家具をどうやって移動させるか、という問題です。


copyright Floyd Design


家具は自分の生活ととても密接にかかわるものです。そのため自分が集めた家具はその人の生活や文化を映し出します。何年も使っている家具に愛着を持っているという人も多いはずです。ですがその大きさのせいで引っ越しの際に手放してしまわなければいけないこともあります。引っ越しの回数が多くなればその悩みはなおさらです。



copyright Floyd Design

The Floyd Leg という家具であり道具である作品はそんな悩みを解決してくれます。この作品はテーブルという完成したものではなく、テーブルの足という部分的なものになっています。そのためこのデザインを完全なものにするために自分たちで天板を選ぶことになります。その選択は個人の生活そのものであり、それぞれが生活空間に合ったものを選ぶことになります。素材やサイズなどとても自由に選ぶことができます。

そんな自分たちのオンリーワンの家具は引っ越しの際には簡単に解体して持ち運ぶことができます。今までのようにそのかさばるサイズのせいで手放すという選択をする必要はありません。



copyright Floyd Design

このThe Floyd Leg、子供部屋の家具にも最適なのではないでしょうか。その部屋の雰囲気に合った素材を選ぶことはもちろんですが、そのサイズを自由に選択できることで、子供の成長とともにテーブルを変化させていくこともできます。


スポンサーリンク

コンテンツ 203592817738085999

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item