Loading...

気分は大工さん、遊びながら学ぶ家づくりDIYキット


子供が興味を抱く対象は色々なものがあります。動物だったり、乗り物だったり。いくつか定番のものはありますが、多くの男の子がハマるものの一つにDIYがあります。理由はわかりませんが、大工さんや職人さんが使っている道具類がかっこよく見えるのでしょうか。

我々が住むイギリスでもこの分野は子供たちに特に人気があり、大工さんをヒーローにしたアニメも放送されているくらいです。またおもちゃのDIYツールセットもたくさんの種類を見つけることができます。

少し前の記事ですが、本格的な子供用のDIYツールセットをご紹介しました。小さくても立派な専用のツールセットなので、子供にとってとてもうれしいものだと思います。


そんなDIY好きの子供たちにとってツールセットの他にぜひ手に入れたいのが、今日ご紹介するミニチュアの木造住宅を作ることができるDIYキットです。


遊びながら作る家づくりDIYキット
copyright KIGUMI TOY KUNDE

- KUNDE: KIGUMI TOY


このDIYキットは積み木とは少し違った視点に注目して作られました。積み木というオモチャはもともとヨーロッパで発明され知育玩具として発展してきました。ブロックを積むということは石を積んで建物を作っていたヨーロッパでは自然な行為でした。文化的な背景がおもちゃにも表れているんですね。


copyright KIGUMI TOY KUNDE

では、日本の文化をおもちゃに反映させるとどうなるのか。日本建築の伝統をおもちゃに取り入れたら面白いんじゃないか、そんな発想がこのKUNDEというおもちゃの出発点です。釘などの金具を一切使わない、継手と仕口という日本独特の建築技法を遊びながら学びそして体験することができます。


copyright KIGUMI TOY KUNDE

木を組み合わせ木栓を打ち込んでいく、小さくても立派な大工仕事です。また金具で部材を止めるわけではないので、木栓をはずし簡単に作った家を解体することができ、何度でもその作業を繰り返すことができます。大きさも子供にとってちょうど扱いやすいサイズになっていて、本格的な木造建築を作ることができる夢のようなおもちゃなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

遊び 6481824499605492519

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item