Loading...

入園・入学のプレゼントにオシャレでかっこいいステーショナリー


子供は日々いろいろなことを吸収し成長しています。成長の段階で自然を覚える行動の一つにお絵かきがあります。様々な芸術作品を見ても分かりますが、絵を描くという行動は自分の感情と深くかかわっています。大人であればそれが絵の構図であったり、タッチであったり様々な要因があります。しかしまだまだ技術も未熟な子供にとっては色の選択が最も簡単な感情の表現方法なのではないでしょうか。


今回はそんな人間の心理と深くかかわりのある色と、その心理をステーショナリーのデザインに取り入れた作品をご紹介します。いつものお絵かきが少し違った楽しみを持ってくるかもしれません。


プレゼントに最適なオシャレなステーショナリー
copyright The School of Life

- The School of Life


The School of Life はロンドンを拠点にEmotional Intelligence (EI)、心の知能と呼ばれる領域を高めることを目的に活動を続ける会社です。EIとは感情を知覚し、そしてそれをコントロールする知能のことで、この概念が生まれたのは比較的新しく学問としてもまだあまり広くは知られていません。彼らはこの心の知能の発達の手助けとして本やフィルムなど様々なものを発表しています。そんな彼らがデザインするステーショナリーは単なる絵を描くための道具ではなく感情を表現するためのアイテムになっています。


copyright The School of Life

12色の色鉛筆のセットであるThe Psychology of Colour Pencil Set はそれぞれの色が表す感情が説明されています。例えば黄色は希望、オレンジは生命力、青は明晰さ、などという風に。音楽が私たちの感情に直接訴えかける様にそれぞれの色も私たちが持つ様々な感情と直接結びついています。


copyright The School of Life

このセットにはそれぞれの色と心理の関係が印刷された12色の色鉛筆の他に、ブックレットが付属してあります。そこには色と感情がどう結びついているか詳しく説明されています。


copyright The School of Life

そして彼らがデザインするステーショナリーのもう一つのシリーズ、Key Word Pencil Sets には心の知能を関係のある事柄と、付属のブックレットにはその詳しい説明が書かれています。


copyright The School of Life

2歳から3歳くらいになると子供は絵を描くようになります。もちろんしっかりとしたきれいな線を引けるわけではありません。ですが好きな色を選び自由気ままにペンを走らせる姿は自分の感情をそのまま表現しているように見えます。The Psychology of Colour Pencil Set で説明されている色と心理の関係をすこし勉強してみると、一見ただのなぐり書きにしか見えない彼らの絵が少し違った意味を持ってくるかもしれませんね。


copyright The School of Life

The School of Life が発表するかっこよくてオシャレな、そしてすこしためになるステーショナリーセット、普段よく目にする色鉛筆とは一味違ったセットをプレゼントするのもいいのではないでしょうか。


copyright The School of Life

スポンサーリンク

遊び 7042169917115287772

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item