Loading...

ブログ:コーンウォール旅行1 ソールズベリー

 先日書いたように、今日から何回かに分けてコーンウォール旅行の写真を載せていこうと思います。本日は旅行一日目のSalisbury(ソールズベリー)について。

ロンドンからコーンウォール地方までは車で行ったのですが、ロンドンからコーンウォールまでは結構遠く一日で行こうと思う息子が耐えられないと思ったので、ソールズベリーで途中で観光・宿泊しました。ロンドンからは車で約3時間。ソールズベリー大聖堂が観光の目玉と日本のガイドブックに載っていったらしく(義母情報)、下調べしたときにあまりそれ以外に有益な情報が得られず期待していなかったのですが想像以上に素敵な街でした。(雨がぽつぽつ降る中での観光だったのでちょっと写真が暗いですが。)


かなり歴史のある古い街らしく、いわゆる城塞都市 で砦が今でも街の中にいくつか見られました。古い建物が多く、特に大聖堂の周りには大聖堂の関係施設や学校などが歴史的な建造物が集まりプチオックスフォードといった雰囲気でした。


大聖堂に入る前に雨も降ってきたしちょっと休憩ということで大聖堂横のカフェで休憩。カフェもかわいらしく素敵でした。カフェの窓から大聖堂が見え、早く大聖堂に入りたいとうずうずしている義父。


今日の夕食どこ行く?とマップ見ながら話し合いつつ、ぼーっと休憩しているとふと壁に飾っているお皿が目に入る。グリーンのお皿がかわいい!もともとこういう絵柄は趣味ではないですが、かわいいカフェに飾ってあると素敵に見えてしまうマジック。


カフェを出て目的の大聖堂へ。このソールズベリー大聖堂は1092年に約30年をかけて建造されたらしいのですが、かなり豪華で荘厳な作りで同じくイギリスの世界遺産にもなっているダラム大聖堂にも似た雰囲気でした。イギリス生活10年目に突入し、正直イギリスの歴史的建造物にも見慣れ感動が薄くなっていましたが、そんな私と夫でも「すごい!」と圧倒される大聖堂でした。

今までイギリスにいてソールズベリーの名前を聞いたこともなかったのにこんな規模の建物・街があったなんてと不思議思っていたその理由は後から知りました。この大聖堂の図書館にあのマグナカルタのオリジナルが保存されているらしいです!「マグナカルタ、、、なんか社会で習って聞き覚えのある言葉だけど、なんだっけ??」と義理両親と話しながらちょうどマグナカルタ制定800年記念で展示してあったマグナカルタ関係の説明を読んでみる。(同じくなんだっけと思った方はウィキペディアを)

たった30年でここまでの建物を建ててしまうその権力の大きさを考えるとなるほどイギリスの国の骨幹に関わっているからなんだと納得。期待していなかった街で想像以上に有意義な時間を過ごせた良いスタートの旅行第一日目でした。


posted by OneLittleHuman



スポンサーリンク

ブログ 4466203011633329247

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item