Loading...

ブログ:息子の日本人としての意識の低さ

先週末は珍しく土日両日とも秋晴れで気持ちの良い日でした。土曜は近所の公園でのんびり過ごし、日曜は夫の会社の日本人の先輩のお子さんの出産お祝いにみんなでレストランに集まり、なかなか充実した週末でした。

でも気になったことが1つ。うちの息子はもともとかなりシャイで場所見知りや人見知りをする性格なので日曜に集まった人たち(ほぼ全員日本人)に相変わらず人見知り全開でうつむきまくっていたのですが、不思議なことに外国人に対しては自分から積極的に話しかけたりしていました。公園で遊んでいても周りの子たちに自分から話しかけたりしていますし、知らない大人にも「ハロー」や「バイバーイ」と言ったりもします。そういうのを見ると人見知りやシャイな性格も変わってきているのかな?と思うのですが、一方で日本人だけのパーティーをしたりするともう私や夫からは離れませんし、それどころか違う場所に連れて行こうともします。もしそれが逆で親と同じ日本人に対しては積極的で、見た目の違う外国人に対してシャイになるのだったら理解できるのですけどね。言葉の方も英語の方が日本語よりも勝ってきているみたいですし、息子の日本人としての意識の薄さが気になる今日この頃です。

知り合いのママ友のお子さん(ハーフ)の男の子が、周りの子と違う言語を話すのが恥ずかしいからといって日本語を話したがらなくなって、徐々に日本語を忘れ、理解もできなくなったという話を聞いて息子にも同じようなことが起こるのじゃないかとちょっと危機感を感じています。こういう悩みを書くと「これからの時代英語ができるようになるなんていいじゃない!」と言われそうですが(実際両親、義理両親に言われます・・・)、そんな簡単な問題ではないんです。これはアイデンティティーの問題にまで発展するかなり重要なことなんですけど、でもまぁ私も日本にいたら同じように思うと思うのでそこは置いておきます。

で日本語強化の方法なのですが、私や夫が日本語をくどくど教えるより、日本人の子供と多く遊んだり、日本語のDVDを見せたり、じいじばあばとスカイプでお話する方が息子の日本語教育には有意義なのかもしれないと思い立ち、実行に向けて色々練っています。言語は環境による影響が大きいのでなかなか難しい問題です。


posted by OneLittleHuman





スポンサーリンク

ブログ 7279080375865235580

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item