Loading...

Esavian コンパステーブル

4歳になった息子の新しい作業用机として、最近、Esavian社(ESA社)のJames Leonardデザインのヴィンテージテーブルを購入しました!このEsavian社は学校用のテーブル、イス、ロッカーなどインダストリアル・ファーニチャーを作るミッドセンチュリーに発展したイギリスの会社で、現在はヴィンテージ商品としてこちらのデスクはとても人気のある商品みたいです。
(参考写真:http://www.eyespystore.co.uk)

Esavian社はスクール用の家具の会社なので色々なタイプの机を作っていますが、こちらのタイプは足の形がコンパスにも似ているので愛称としてコンパステーブルとも呼ばれているそうです。高さが2種類あって、1つは高さ51㎝、もう1つが63㎝です。うちの子に63㎝の高さはまだ高すぎるので高さ51㎝の方を探し購入。この51㎝の方は子供のテーブルとしての使用の他に、コーヒーテーブルとしても使われているみたいで実は63㎝の方より人気があるみたいです。おそらくスクール用家具なのである程度の数は存在し流通量は少ないわけでないはずなのですが、どこもsoldoutが多く、ネットで色々なビンテージ家具のお店をこまめにチェックし探しに探してようやく手に入れることができたテーブルが↓の写真のものです。





ヴィンテージ家具は日本ではオリジナル状態を保ったものが好まれるみたいですが、こちらイギリスはアンティーク好きが多く、壊れた個所は補修しながら古いものを使う慣習があり、多くのヴィンテージ・アンティーク家具が補修された状態で売っています。このEsavianのコンパステーブルも天板がボロボロになる場合が多いため、天板だけ新しい板にしたりしている物が多く見ます。うちのテーブルも天板だけ違うものを使っているみたいでした。真ん中にひし形の模様があり、内側に「3」と書いてあります。どこかのカフェで使ってたのかなぁなど予想していますが、真実は知る由もなし。


私も夫もようやく見つけだし購入できたので大満足ですが、息子の方はまだあまりテーブルを使ってくれてません。まぁ、息子が使わなかったらコーヒーテーブルとして使います!

日本でもヴィンテージのEsavian社のテーブルは少々高いけれど売っているみたいです。もしお子様用のかっこいい机をお探しの方はぜひ購入を検討してみてください。なかなか置いているだけで様になりますよ。

スポンサーリンク

ブログ 5883015023993787335

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item