Loading...

Thank you and Good bye to the UK

突然の報告ですが、私たち家族は11年過ごしたイギリスから日本へ今月に引っ越すことになりました。このブログを始めたのが2年前、当時は日本へ本帰国するなど考えてもいませんでした。いつかは日本へ帰国するのかもしれないという気持ちはありましたが、駐在でもない私たちは誰でもない自分たちの意思で帰国を決める以外に方法はなく、今ある生活を大きく変えて日本に再び戻ろうと思うだけの勇気と決定的な理由がないままイギリスでの生活を続けてきました。そんな私たちが日本への本帰国を決めたのは今から約半年前。私たち家族にいくつかの悩みが生まれ『日本へ帰国』という言葉を現実的に考え始め、少しづつ移住への準備をしてきました。

日本へ帰ることを決めた理由はいくつかあります。ただやはり息子の教育と言葉の問題が一番大きくて、日本移住へのどんなデメリットにも勝る大きな帰国理由です。(そのことについては長くなるのでまた詳しく書きます。)イギリスにいる友人の中に私たちの決意を聞いて理解してくれた人もいますし、なかなか理解できないといった表情の人もいました。現に私たちも日本帰国についてかなり悩みましたし。そのくらい日本とイギリスでの生活を比較するとどちらも違うメリット・デメリットがあり、どちらかを選択しようとすると難しいものでした。ただ人生とは色々な岐路の中、”何が大切なのか”を選びながら生きるもので、その選択肢に正解はありません。今ある情報を精査し、自分の中の出来得る最大の選択肢を選び、その道を信じ歩いていくしかないものです。

思い返してみれば私と夫は11年前にイギリスの同じ大学で出会いました。当時は同じ大学院の別々の学科で勉強する友達でしかありませんでした。当初私は2年だけの留学予定で、その後は日本に帰り就職する予定でした。それがひょんなことから夫と付き合い始め、結婚し、息子が誕生し、子育てして、あっという間に11年たちました。人生とはわからないものです。この11年は夫も私も正直、紆余曲折で常に壁にぶつかり、苦しみ、お世辞にも楽しくステキな11年でした!と言えるものではありません。「間違った選択をしちゃった!」と思った時も内心ありましたし(笑)ただその中でも必至にもがき、耐え、順応し、結果としてイギリスを去ろうとしている今はその苦しさも良い思い出、良い経験です。今にして思えば、辛いなんて言ってる暇があったらもっと楽しんでおけばよかったなんて思いますし。

自分の頭で考え道を決めるということは、”その道が苦しくとも耐え忍ぶことができ、1つの経験として実のあるものにしてくれる”こと。それをこの11年間が証明してくれました。日本に帰るという道を選んだ今、次の日本での5年、10年がもしかしたら苦しいものになるかもしれません。でも”大切なもの”のために選んだ道なので、大変なときはあるだろうけど苦しみに引きつられず「限られた時間の中でそれさえも楽しむ!」ことを目標に掲げたいです。

そんなわけで、イギリスからは去りますが日本に帰国後もこのブログは維持し、子育てブログや大好きな海外の子育てグッズ、子育て関連の記事などをアップしていきたいと思っています。
今後もブログ「Babyllissimo」をどうぞよろしくお願い致します。

11年間の感謝と敬愛の気持ちをイギリスへ込めて。

Posted by OneLittleHuman











スポンサーリンク

ブログ 4587164551077166215

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item